skip to Main Content

新潟旅行2017 ⑦ 月泉庭(富山県)

光久寺を出た後は高岡市にある臨済宗国泰寺に向かいました。

国泰寺は700年以上の歴史を持つお寺で、若き日の鈴木大拙や西田幾多郎が座禅を組んだことでも知られています。

 

風格ある総門を抜け、境内に出ると立派な山門と三重塔があり、

その奥に「月泉庭」と呼ばれる巨大な石を用いられた枯山水庭園が広がっています。

 

月泉庭は昭和中期に京都の造園家・小川寿一氏によって造られました。

ここまで大きな石が用いられた枯山水庭園は国内でも有数だと思います。

枯山水庭園は、石のエネルギーとそれを受け止める空間の存在がストレートに伝わってきます。

以前から写真では見ていたものの、実物の月泉庭は本当に迫力ある石組庭園でした。

 

残念ながら月泉庭は建物に囲まれた敷地内にあるため、別カットでの撮影ができませんでしたが

実物が見られてとても良かったです😊

 

 

臨済宗国泰寺

“>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back To Top